寝る前ちょこっとで、肩が軽くなる。肩コリ解消ストレッチ Ver1


肩コリ解消!まずは肩甲骨!

肩こりストレッチ

健康
ずっと肩こりに悩んでいる。頭痛もしてきた。肩こりは、体もだるくなり、元気も出ないし、イライラするし。薬代もたまらんわ!
肩こりを解消するなら、自分に合った『ちょこっとストレッチ』を見つけて、少しずつでも続けよう!

肩コリが悪くなるメカニズムを知っておく。 肩コリが悪くなるメカニズムを知っておく。
肩コリにも色々種類がありますが、同じ姿勢や悪い姿勢を長時間続けるデスクワークやゲームなどが、原因になっている肩こり 。

肩がこるのは、乳酸の蓄積からおこる筋肉の疲労。肩周辺の筋肉のこわばりが、血行不良を招き、さらに筋肉が硬まり、ますます血行が悪くなり、乳酸が蓄積するという悪循環。

  • 疲労や緊張、ストレスで筋肉が硬くなる。
  • すると肩まわりの血行が悪くなる。
  • 筋肉に栄養や酸素がいきわたらなので、筋肉が硬くなる。
  • すると疲労物質乳酸などが、筋肉に蓄積する。
  • さらに筋肉が硬くなり血管を圧迫。
  • ますます血行が悪くなり、肩こりがひどくなり慢性化する。
こんな肩コリ解消は肩甲骨がポイント!? こんな肩コリ解消は肩甲骨がポイント!?

肩こりともっと最も関わりの深い筋肉は、僧帽筋(そうぼうきん)といわれています。

僧帽筋は、重い頭を支え、左右合わせて10Kg近くにもなる腕を支え、日常生活でも酷使されています。特に筋力の弱い女性にとっては、とても疲労がたまりやすい筋肉なので、硬くなりやすい!

「肩こったな~」という時は、僧帽筋のどこかが縮んだ状態になっている。

だから、姿勢が原因や、緊張からくる肩コリで、まず最初にほぐしたいのが、僧帽筋がある肩甲骨周辺。

ただ、普通に生活していると、腕を前、横に伸ばす程度の簡単な動きしかしないので、肩甲骨周辺の筋肉はあまり使ってませ~ん。

だから、筋肉がだんだん硬くなり、血行不良をおこし、肩コリになるのです。

「○○ストレッチが肩こりに効く!!」運動はたくさんありますが、まず肩甲骨をしっかり動かすストレッチをすれば、ひどくなるまでに解消です。

肩こり解消!肩甲骨周りのちょこっとストレッチ 肩こり解消!肩甲骨周りのちょこっとストレッチ
  • 【肩甲骨周りのストレッチ効果】
  • 背中や肩甲骨周りの筋肉をほぐす
  • 肩周りのほぐす
  • 首から肩の上部をリラックス

動画を再生できない場合、ブラウザのバージョンをアップグレードしてください。動画が読み込まれない場合は、リロードかキャッシュクリアをしてください。IEの方は「Google chrome frame」も お試しください。

【エクササイズ実施の注意事項】
・エクササイズの最中、身体に痛みや異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・自己責任の元、ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。
・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・事故やケガ等については、ママの知恵袋は一切の責任を負いかねます。

肩甲骨のストレッチで、背中痩せできる秘密?!

褐色脂肪細胞には、脂肪をどんどん燃やして、体温を上げる働きがあります。この、褐色脂肪細胞は、肩甲骨付近に集中しています。

肩と肩甲骨をやわらかくすると、褐色脂肪細胞が活性化して、難しいといわれている背中痩せが可能なんです。

肩甲骨周りのストレッチをすることで、肩こりの解消だけでなく、褐色脂肪細胞がどんどん活性化して、美しい背中を取り戻し、そして『痩せ体質』になるという嬉しい結果に!

Sponsored Link