子供の野菜嫌いを何とかしたい!【第1回】


子供の食生活は大丈夫?

子供が野菜嫌いで困っています。

いつも、お肉ばっかり食べたがって、野菜をなかなか食べてくれません。

子供が野菜好きになる特効薬はありませんか?

今回は、子供たちが、そして家族がもっと野菜を沢山食べたくなる方法のレポートです。

なんで野菜嫌いじゃだめなの? なんで野菜嫌いじゃだめなの?

いろんな食材を、まんべんなく食べさせるのが、健康にいいのは分っていますが…

ついつい子供の言う通りにしてしまうママが多いのも現実。

確かに、成長期の子供がお肉をモリモリ食べている様子をみると、健康そのものといった感じで安心します。

あまりガミガミ言って、嫌われるのは嫌だし…「結構食べているし、食べたいものは食べているからいいかっ」と、つい妥協してしまいます。

知恵袋

まず、『日本人』にとっての正しい食生活について、簡単におさらいから。。。

日本人と欧米人とでは、同じ人間でも、身体の構造は随分と違っています。

異なる自然環境で生活し、長い年月の進化の過程で、いくつか違いが生まれたようです。

目の色、肌の色、髪の色といった、見た目も違いますが…。

特に、腸の長さが全く違います!

日本人は、欧米の人たちに比べ、腸がとても長いんです。

欧米人は、肉食中心で進化してきているので、腸の長さは肉食動物並みの『4m』。

日本人はもともと農耕民族で、野菜や穀類で進化してきたため、欧米人に比べ長めの『7m』。

この差が意味することは、大腸ガンや潰瘍性大腸炎などの、生活習慣病を引き起こす可能性が、他の民族に比べて、とても大きいということ。

日本人が肉食化すると、腸が長い分、便が腐敗しやすく、悪玉菌の増殖や、動物性脂肪の影響などを、もろに受けることになるんです。

Sponsored Link