きれいな手を取り戻す!主婦湿疹を防ぐ生活習慣改善法。


主婦湿疹は薬だけではよくならない。

主婦湿疹 ステロイド


主婦湿疹(手湿疹)とは、おもに水仕事(炊事・洗濯等)を繰り返し行うことで、かぶれること…主婦だからこその悩み。

ハンドクリームをつけても症状が改善せず、逆に悪化したというケースも多いので注意しておく必要があります。

今回は、主婦湿疹(手湿疹)の悩みから抜け出すための、生活改善のヒントです。

主婦湿疹の改善方法とは? 主婦湿疹の改善方法とは?

主婦湿疹(手湿疹)になってしまった場合、薬による治療とともに、生活習慣の改善がかかせません。

まず薬による治療では、『塗り薬』『飲み薬』での治療法があります。

主婦湿疹(手湿疹)は、「かゆいからかく → もっとかゆくなる → またかく」という悪いサイクルにおちいりがちです。

悪循環を断ち切るためには、まずかゆみの原因を改善しなければなりません。

もっとも早く炎症を抑える効果がある薬が『ステロイド外用剤』。

ステロイド外用剤は、体内でつくられる「副腎皮質ホルモン」という物質を化学的に合成したもので、ひどい炎症でただれた肌も、ステロイド外用剤を正しく使えば2~3日で改善されます。


主婦湿疹を根本的に治す薬ではありませんが、まず炎症とかゆみを抑えることで、症状の悪化をおさえ再発を防ぎます。

飲み薬との併用が良い場合も多く、皮膚科では一般に、飲み薬として抗アレルギー剤・抗ヒスタミン剤が処方されます。

これらの薬は、眠気を催す場合があるので、漢方薬を処方してくれる場合もあります。

生活習慣の改善が、主婦湿疹の予防や改善に有効です。 生活習慣の改善が、主婦湿疹の予防や改善に有効です。

主婦湿疹(手湿疹)は、薬物療法とともに、生活習慣の改善も一緒に行う必要があります。

毎日几帳面に家事を行う人に多いのが主婦湿疹。

症状が強い人は、皮膚の負担を軽くするために、食器洗浄機などを導入したり、家族に家事を分担してもらうことも大切です。

【主婦湿疹(手湿疹)のケアは、原因となるものを遮断することが一番です。】

  • 1. 使用する洗剤の成分が【合成界面活性剤】合成界面活性剤のものを避け、【天然界面活性剤】のものに替える。
  • 2. 水仕事はゴム手袋をつけ、ゴムの刺激から皮膚を守るために、その下にポリエチレンの手袋をする。
  • 3. 水仕事で使うお湯の温度設定を、体温よりやや低い温度にする。
  • 4. 食器を洗う前に、古新聞で汚れを拭き取っておく。
  • 5. 汚れのひどい食器は、漬け置き洗いをしておく。
  • 6. 料理は出来るだけ少ない点数の食器に盛り、洗う絶対量を減らす。
  • 7. 水仕事以外の家事でも、手袋を着用して刺激を減らす。
  • 8. シャンプー、ハンドソープなど、低刺激性の石鹸ベースの物に変える。
  • 9. 水仕事のあとや、手を洗ったあと、入浴後は、すぐハンドクリームを塗る。
  • 10. 冬場、乾燥している日は、ハンドクリームを塗った上に、手袋をして出かける。
  • 11. 就寝前にハンドクリームをたっぷりつけ、通気性のいい手袋をして寝る。

薬物療法と生活改善によって主婦湿疹が治っても、根本原因である刺激や乾燥を減らさなければ再発します。

また、界面活性剤の改善などによって、肌にやさしい洗剤やせっけんが人気ですが、油分を落とす成分が入っていることに変わりはありません。

ただ、洗剤の機能や、口コミなどに、あまり妄信的にならず、水仕事の後は必ずハンドクリームなどで、失われた皮脂を補う習慣をつけてください。

手を保護する生活習慣に変え、炎症が起こり始めたら早めに治療を行って、上手に主婦湿疹と付き合っていきましょう。

◆ その他、主婦湿疹(手湿疹)については、文末の【一緒に読まれている記事】をご覧ください。


主婦湿疹(手湿疹)
軟膏
手湿疹 ハンドクリーム

メンソレータム メディクイック軟膏R

アンテドラッグステロイドの優しいステロイド外用剤。
患部で優れた効き目を発揮し、体内に吸収されると低活性に…

  1. こんな症状に…
  2. 洗剤・シャンプーでかぶれる人
  3. 水がしみるほど割れて痛い人
  4. 小さな水ぶくれや湿疹ができる人
  5. かゆみが気になって眠れない
手荒れ シルク手袋

シルク手袋

水仕事でかさついた手に潤いを与えるハンドトリートメント手袋♪

  1. 人間の皮膚に近い成分をもつシルク。
  2. 保湿性のあるアミノ酸が含まれていて、乾燥したお肌に潤いを与えてくれる。
  3. シルクの絹セリシンという成分が、老廃物や毒素を外に排出させるデトックス効果。

Sponsored Link