外反母趾を改善する歩き方!【動画付】


外反母趾対策

外反母趾を改善する歩き方

外反母趾は、歩き方が大きく影響しています。正しい歩き方を習慣づけることによって、外反母趾を改善できます。

また、正しい姿勢で歩いていれば、見た目に若々しいだけでなく、疲れにくくなります。

でも、実際に正しい歩き方をしている人は多くありませんし、あえて意識することもありません。

そもそも、物心つく前に歩けるようになっていたため、良い癖 悪い癖ともに、そのまま残っていることが少なくないのです。

外反母趾 改善には、まずは正しい歩き方を理解し、自分がそれに当てはまっているのかどうか、チェックしてみましょう。

外反母趾になりやすい歩き方 外反母趾になりやすい歩き方

外反母趾になりやすい歩き方の特徴として、『親指で地面を蹴り出せていない!』ことが多いようです。

多くの人が、きちんと親指で蹴り出さず、指の付け根付近で地面を蹴っているわけです。

これは、歩き方のクセだけでなく、実は姿勢の問題が大きく関係しています。

骨盤が後ろに倒れ、猫背ぎみに歩くことで、体の重心が後ろに残ってしまいます。

その状態で歩くと、どうしても蹴り出す動作が小さくなり、しっかり親指で地面を蹴って歩けなくなってしまうのです。

また、親指で地面を蹴り出せない理由として、もうひとつ考えられるのが、つま足をちゃんと前に向けて歩かず、内股で歩いているということ…

内股歩きでは、足を蹴り出すときに、どうしても小指側で蹴り出します。

歩くときにしっかり親指が使えないことで、指の骨をつなぐ、靭帯(じんたい)が弱ってしまいます。

足指の筋肉が弱ることは、開張足の原因となり、外反母趾や内反小趾になるわけです。

上手に歩けない人の特徴として、足の指が自由に動かせない点が挙げられます。

爪先の尖った靴、ヒールの高い靴、窮屈なストッキング、などの影響により、靴の中で足の指が固定された状態が当たり前になっているからです。

この足の指の自由な動きが、理想的な歩き方・正しい歩き方をするためには必ず必要なのです。

外反母趾を防ぐ、正しい歩き方3ケ条 外反母趾を防ぐ、正しい歩き方3ケ条

■体重をかかとから足先に滑らかに移動させること。

① かかとから歩く。
・かかとから着地することを意識します。

② ひざを軽く曲げて歩く。
・膝のクッションを活かします。

③ 大股で歩く。
・大股で歩くと、かかとからしっかりと着地しやすくなります。

【かかと→ひざ→歩幅】の3つのポイントを頭に叩き込んでおけばOKです。

上記、3つができていない方は、外反母趾をはじめとした、足の障害に注意が必要です。全て悪い歩行習慣が関与しています。

外反母趾を防ぐ、正しい歩き方 動画 外反母趾を防ぐ、正しい歩き方 動画
  • 「正しい歩き方」とは、体重移動が、かかと付近から土踏まずを通り、最後のつま先に移ることで、しっかりと指先が地面を押さます。
  • 足裏の体重移動がスムーズに行われていること。
  • 指先が地面を押さえることで、指の力がつき、足裏の筋力が衰えず、自然に足裏が鍛えられ丈夫になっていく歩き方です。

動画を再生できない場合、ブラウザのバージョンをアップグレードしてください。動画が読み込まれない場合は、リロードかキャッシュクリアをしてください。IEの方は「Google chrome frame」も お試しください。

理想は、かかと付近から土踏まずを通り、つま先に体重が移動をしてから、次の一歩がでることなんですが…

外反母趾の傾向がある人は、地面を踏ん張る力(足裏の筋力)がないため、指の動きが退化して、本来の足のアーチが崩れていくわけです。

つま先への体重移動がないと、つま先が地面を押さえる動作がなくなるため、足指の筋力が低下し、足裏の機能低下の原因になっています。

正しい歩き方を続けていると、足指に関係のある筋肉が鍛えられ、外反母趾の進行を食い止めることができます。

【エクササイズ実施の注意事項】
・エクササイズの最中、身体に痛みや異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・自己責任の元、ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。
・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・事故やケガ等については、ママの知恵袋は一切の責任を負いかねます。


☆ 外反母趾対策 ☆

外反母趾対策 美求足

美求足

  1. 外で履いても恥ずかしくない、目立たないデザイン!
  2. 従来の外反母趾ソックスでは実現できなかった、親指部分に直接力を加える。
  3. TOREXのキューブ糸を使用。
  4. 『強すぎず 弱すぎない』効果的なサポート力♪

外反母趾対策 親指ジェルパッド

親指ジェルパッド

「指が重なる・曲がる」といった窮屈な状態から解放され、外反母趾のつらい痛みをやわらげます!

  1. 指間が広がり、親指の骨のでっぱり骨をカバー。
  2. クリアタイプで目立たず、指に付けたままパンプスもOK!
  3. 洗って繰り返し使えます♪

外反母趾対策 エラストマーサポーター

エラストマーサポーター

柔らかくてきもちいい外反母趾対策用パット。靴をはくと親指付け根が痛む、足の親指が内側に曲がっている人にオススメ!

  1. 足指を広げ自然なかたちでサポート!
  2. 親指(第1指)と2指の間にやわらかいクッションを挟むことで、指間の圧迫を和らげます。
  3. クリアタイプで目立たず、洗って繰り返し使えて衛生的♪



参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link