その肩こりや頭痛・・・もしかしたら「ストレートネック」かも?


スマホが原因ってホント?

ストレートネック スマホ

健康
スマートフォンやタブレット、パソコン画面を背中を丸めて、顔を下に向けた姿勢で見ていませんか?…。

こんな姿勢をずっと習慣にしていると、首の前側の筋肉が強く緊張してくる。

最近原因不明の頭痛や肩こりで、整形外科を訪れる人が増えているそう。

こんな頭痛が肩こりや続いてる人。ストレートネックを疑ってみては?

首に負担をかけるゆがんだ姿勢は、ストレートネックに... 首に負担をかけるゆがんだ姿勢は、ストレートネックに…

頭の重さは、体のおよそ10%ほど。スマートフォンを下向きに見る姿勢で、首や肩、肘を固定したまま重い頭を支えると、首の前側の筋肉は伸びにくく、頭と首がだんだんと前に出てきます。

筋肉がこの状態で固まってしまい、頸椎(けいつい)の、自然な湾曲が失われてしまうのがストレートネック。

ストレートネックは、頭が首よりも前に出るため、首や背中の筋肉に多く負担をかけます。

すると、歩行時に頭に受ける衝撃がダイレクトに伝わりはじめ、体に色々な不調が出てきます。

慢性的な肩こりや頭痛からはじまり、放置していると、目の奥の痛み、手のしびれや、めまい、吐き気といった症状に、発展していくことにも。

こんな症状で整形外科に通う方には、女性、特に20、30代の女性に多いということ。

女性は男性と比較しと、首が細く筋力が弱い。そのため、頭の重さを支えられないため、ストレートネックになりやすい。

スマートフォンや、パソコンの普及で、最近の若い女性の半数以上が、『ストレートネックではないか?』とも、言われているらしい。

ストレートネックチェックリスト ストレートネックチェックリスト

ストレートネックになる姿勢の代表選手は「猫背」。かえって曲がっていない首には楽な姿勢ですけど…

頭をうまく支えられていない、ゆがんだ姿勢を早く治しましょう。

以下の症状が思い当ったら、ストレートネック、ストレートネック予備軍の可能性大です。

  • PCやスマホ、タブレットなどを使用する時間が長い。
  • 座っている姿勢は、背中が丸くなり猫背だ。
  • パソコン画面を見るとき、顎(あご)が突き出ている。
  • 首を後ろに倒すと痛みやツッパリ感がある。
  • 首を左右に回しにくい。
  • 枕がない方が寝やすい。
  • 仰向けで寝にくい。
  • 疲れてくるとたびたび頭痛がする。
ストレートネックになると? ストレートネックになると?
  • ひどくなってくると、手術しか方法はないらしいので、早めに対処しておきましょうね。ひどい場合は、整形外科で牽引治療を受けてみましょう。保険適用です。以下は、今日から簡単にできる、ストレートネック対策のヒントです。
  • まず、枕は、自分にあった低いものを使ってみましょう。
  • 枕の代わりに、バスタオルを筒状に巻いたものを、自分に合わせて首の下に。
  • 同様に腰の下にも、バスタオルを筒状に巻いて腰枕に。
  • 頭痛などがひどい場合、クッション性の高いスニーカーで、頭への衝撃を和らげると楽になります。

動画を再生できない場合、ブラウザのバージョンをアップグレードしてください。動画が読み込まれない場合は、リロードかキャッシュクリアをしてください。IEの方は「Google chrome frame」も お試しください。

ストレートネックの予防は?
ストレートネックの予防は、普段から姿勢を意識することが絶対条件。

例えば、椅子には深く腰掛け、座面と背もたれを、自分に合うように調節して、背骨をまっすぐにする。

デスクワークは、1時間を目安に休憩を取って、肩を回すなど肩甲骨周りのストレッチをする。

肩や首の筋力を上げるトレーニングを行うなど…。

Sponsored Link