ETC車載器の賢い選び方!


ETC割引

ETC車載器の選び方と設置方法

節約
車にETC車載器が付いてなくても、料金所でETCカードを提示したら、各種割引サービスを受けることができると、誤解している方もいるようですが…

ETC割引サービスを受けられるのは、車載器が設置してある車だけです。

ETC車載器にETCカードを挿入することで初めてETCを利用することができます。

ここでは、ETC車載器の賢い選び方のレポートです。

後付けのETC車載器は大きく分けて2種類 後付けのETC車載器は大きく分けて2種類

ETC車載器とは、車両情報を読み取りETCレーンと連絡を取り合い適切に料金清算を行なう為の機器です。

ETC車載器は配線が複雑なため、ユーザーが自分で取り付けるのは難しいので、大手カー用品ショップなどに依頼するのが安心。

工賃は5000円程度、セットアップ費用として2500円程度がかかり、車載器の本体価格とは別に7000~8000円ほど必要。

ETC車載器には、アンテナ分離型とアンテナ一体型という2つのタイプがあります。

(※新車購入時はビルトインタイプが選べます。)

ETC車載器 特徴/ポイント/SHOP
1 ETC アンテナ分離型

≪アンテナ分離型 ETC車載器≫

通信用のアンテナと本体をケーブルで接続するタイプ。

  1. 価格:1万円前後~
  2. 天井、ハンドル下など比較的設置場所を選ばない。
  3. 本体を外部から見えないところに装着できます。
  4. 防犯上安全。

アンテナ分離型ETC音声案内-楽天市場- -アマゾン-

2 ETC アンテナ一体型

≪アンテナ一体型 ETC車載器≫

通信用のアンテナが本体内蔵されているタイプ。

  1. 価格:7000円前後~
  2. ダッシュボードの上に限られます。
  3. 販売価格が安い。
  4. 設置が簡単!

アンテナ一体型ETC音声案内-楽天市場- -アマゾン-

音声ガイダンス機能付きのETC車載器が便利! 音声ガイダンス機能付きのETC車載器が便利!

◆価格が安いのが、アンテナ一体型のタイプ。

アンテナ一体型のタイプはフロントガラスに貼り付けたり、ダッシュボードの上に設置して利用します。

アンテナと本体が一体となっているので、場所を取らないというメリットがありますが、外部から、挿入されたETCカードが見えますから、盗難の心配があります。

◆アンテナ分離型の ETC 車載器は、一体型に比べやや割高。

ただ、本体は外から目につかない場所に設置できるので、盗難のリスクは一体型より低いと言われています。

アンテナ分離型の方が値段が高いですが、設置場所の自由度が高いので人気があります。

どちらのタイプも機能に違いはありませんから、好みによりますが、ETC車載器を購入するなら、『音声ガイダンス機能付き』を選びましょう。

音声ガイダンス機能は、カードを入れたときに、ETCカードがキチンと認証されているかどうか音声で教えてくれる機能です。

知恵袋

※サービスエリアなどでの一時休憩時にも、 ETC カードは、いつも手元に携帯するように心がける必要があります。

そのため、カードの差し忘れやETCカードを反対向きに差したり、裏表逆にして差したりするイージーミスで、ゲートが開かないトラブルがあります。

※あと、ETCのうっかりミスで多いのがETCカードの有効期限切れ。

こちらもやはりETCが正しく動作してくれません。

また、ETCカードを挿したままの人に多いのが、『当然使える状態になっているという先入観。』

ETCカードは、エンジンを再始動したときに、カードが認証されない場合もあるんです。

これに気付かないままレーンに入ると、「あっ…ゲートが開かない!」なんてことになってしまいます。

音声ガイダンスがあると、エンジン始動時に音声ガイダンスしてくれるので、イージーミスがありません。

『カードが挿入されていません。』『ETCカードの有効期限をお確かめください。』というような感じです。

アンテナ分離型、一体型にかかわらず、音声ガイダンス機能だけは絶対あったほうがいいと思います。

特に『中古車についてきたものを再セットアップして使う』『オークションで買う』『友人から譲り受ける』『個人の車やさんの在庫』等の場合、音声ガイダンス機能無しの場合もあるので注意をしておきましょう。

その他、カーナビゲーションと一体化している高機能な車載器もありますので、セットアップ店で確認してみてください。

◆ その他、『ETC割引とETCカードで節約貯金をはじめよう!』については、文末の【一緒に読まれている記事】をご覧ください。

詳しくは、以下の楽天カードキャンペーンページをご確認下さい。↓↓↓






参考記事ウェブサイトはこちら

Sponsored Link