頑張らないダイエットをしてみましょう!


ガマンしなくちゃって、ストレスたまる~

白ごはん レンコン

痩身
食べれば食べるだけ太ると思うから、ガマンしないと…けど、ストレスたまる~
食べるの我慢するのは大変だし、運動苦手だから続かないんですよね。だったら、ダイエットが楽しく考えられれば、「続けられる!」ってこと。

少ない量をちょこちょこ食べる。 少ない量をちょこちょこ食べる。
「体に空腹感を感じさせないこと。」これが、頑張らないダイエットの秘訣。
ダイエット中は食べないなんていう人もいますが、それが、大きな勘違い!体は、空腹感を感じるから、脂肪を蓄積しようとする。

ちょこちょこ食べている人の体は「いつも栄養が入ってくるので、脂肪を蓄積しなくても大丈夫!」と考え、脂肪を蓄積しようとするのをやめるのです。

こんな単純な仕組みなんです。ただし、1日の目標カロリー内で、回数を増やすことです。総カロリーを考えず、ただ食事数を増やしていては、カロリーオーバーになってしまいますよ。

大切なのは、少ない食事で空腹感がない生活に慣れること。それが、体に負担をかけないことになります。

なんでも食べてもいい日を意識的に作る。 なんでも食べてもいい日を意識的に作る。

頑張っている自分に対する、「ごほうび」を準備しておくこと。

「目標体重のために、食べたいものを我慢する!」という、つらい設定をしたのだから、好きなものを思い切り食べても良い日を、何日か作っておくんです。

無理な目標立てていても、そのうち我慢の限界。「ダイエットや~めた!」って、爆発して食べてしまうのは目に見えているんだから…。

ストレス発散できる日をはじめから作っておくことで、ストレスからのドカ食いを防ぎ、あっけなくダイエット終了なんてことにはならないでしょう。

1度はじめたダイエットは、中途半端でやめる、フェードアウト型が1番ダメ!挫折の回数に比例して、確実に痩せにくい体になっていくんです。

摂取カロリーを減らさなくてもいい! 摂取カロリーを減らさなくてもいい!

それは、同じカロリーの食べものでも「糖質の量をチェックしているか?」ということです。「糖質制限ダイエット」と呼ばれている方法です。

栄養素には大きく分けて、ごはんや麺類などの「糖質」、お肉やお魚などの「たんばく質」、油などの「脂質」、野菜など「食物繊維」があります。

この中の『糖質』を意識的に減らして、その分、食物繊維やたんばく質、脂質を多く食べること。これだけで、お腹いっぱい食べても、体脂肪として付きにくく、太りにくくなるだけでなく、糖化による肌のくすみ防止にもなる。

そして、食べ順に気を付けること。太りにくい食べ順番は、以下のとおり。

【食物繊維】→【たんぱく質】→【脂質】→【炭水化物】

この食べ順を守るだけで、食物繊維から消化され、血糖値の上昇を防ぎ、脂質、糖質の吸収を抑えることができる。同量を食べたとしても、太りにくくなるというわけ。

この方法(食べ順ダイエット)は、糖尿病学会でも推奨されている方法だから、絶対取り組む価値はアリです。

これを守ることができるなら、同じ食事量でも痩せていく。極端に言えば食事制限をしなくても大丈夫!ということ。ただし、カロリーオーバーしている人は別ですけど。

糖質制限ダイエットが向かない人! 糖質制限ダイエットが向かない人!
  • 高タンパク食が腎臓に負担になるので、腎臓が悪い方はできません。
  • 妊婦・お子さんも、栄養バランスの面を考えると向きません。
  • 極度な糖質制限は、健康を害する恐れがあります。
  • 食べ順ダイエットは問題ありませんが、「カロリーは全く気にせず食べて良い!」という訳ではないので、そのあたりご注意を!
参考記事ウェブサイトはこちら
バランスのいい「三角食べ」は、ダイエットには向かない?
正しいごはんの食べ方と教えられてきた「三角食べ」は、ダイエットには向かない。ご飯とみそ汁、おかずを順序よく食べるのは絶対NG!!食べる順番だけを見直そう。

まず野菜から一品を全部食べ切る。そして、たんぱく質、脂質。最後にお米や麺類の炭水化物を食べる「ばっか食い」。このルールを守るだけで、脂肪が付きにくく、ストレス食いをリカバリーできます。

この食べ順を守って、「週に1度くらい、自由に食べてもいいじゃない?」このゆとりが、ダイエット成功の秘訣!成功した人の多くが体験しています。

Sponsored Link