貧乳に悩む人達へ。呼吸法だけでバストアップ!


貧乳だってなんくるないさ~

バストアップ 貧乳

豊胸
「ずっと、貧乳で悩んでるけど、もう成長期が過ぎてるから…バストアップなんて絶対無理だよね…」

「ないにも関わらず乳首の位置が下がって、おまけに、垂れてきてるし~」

「マッサージしても、サプリを飲んでもバストアップしなかったし。もう諦めるしかないのか…」

女性なら誰もが持っているバストの悩み。いろいろ試したけど効果なし。最後は、身体にメスを入れる豊胸手術しかないのか!

猫背と貧乳 猫背と貧乳

貧乳の原因は、これとは特定できませんが、『遺伝』や『栄養不足』『新陳代謝の低下』などが挙げられます…あと、貧乳の人は姿勢が悪いのも大きな原因!

「胸が無いことを隠そうとして、さらに猫背になってない?」

では、なぜ猫背だと胸が小さくなるんだろう?

日本人女性は平均して、『胸郭が狭い人』が多いようです。そして上半身が貧弱なわりに、下半身がしっかりしたタイプが多いみたい。このアンバランスが、より胸を小さく見せている。

猫背になると、胸郭がさらに狭くなり、さらに拍車がかかるというわけです。

あと、猫背は、内臓がどんどん下の方に押し下げられていくから、自然と内蔵が下垂するんです。

上半身が窮屈になると、内臓が下がり、今度は下半身が窮屈になって、血行不良になるというわけ。

すると、全身をめぐる血液がちゃんと循環できなくなり、各部の細胞に栄養を運びにくくなる。

バストアップ効果の成分、『大豆イソフラボン』『プエラリア』や『ざくろ』などを摂っても、血行不良だと、大切なところに届かない。

血行不良すなわち、貧乳。『猫背=貧乳』という式が成り立つわけです。

バストアップは、背筋を鍛える バストアップは、背筋を鍛える

バストアップ体操でよく知られているのは、胸の前で両手を合わせる体操です。

バストアップには、いろいろな方法がありますが、まずは『大胸筋』を鍛えること。
大胸筋は、バストを支える大切な筋肉。 確かに大胸筋を鍛えると、バストも上向きになって、大きく見えます。ボリュームのない貧乳の方にとって大胸筋はとても大切です。

それと、この大胸筋だけでなく、『背筋』を鍛えるのも貧乳解消の重要な要素の一つ。

背筋と大胸筋は連動しているため、背筋を鍛えると、自然と大胸筋が背中側に上から引っ張られます。当然バストの位置が高くなりますね。

バストの位置が高くなると、もちろん形が美しく見えるだけじゃなく、バストがより大きく見えるようになります。

「椅子に浅く座って背中を丸めて座る方が楽♪」という人は背筋が弱くなってきています。

バストアップは、まず呼吸法からはじめる バストアップは、まず呼吸法からはじめる

胸を意識して行う呼吸法に『胸式呼吸法』と呼ばれる呼吸法があります。

大きく胸郭を広げるようにして息を吸う呼吸法で、ラジオ体操などでもお馴染みです。

この胸式呼吸は、広背筋や首の筋肉など、胸郭を引き上げる筋肉をトレーニングすることができます。

正しい方法で行えば、猫背を解消し、バストアップにとても効果がある呼吸法。

腹式呼吸よりも、憶えやすいのもいいところです。

胸式呼吸が、完全にコントロールできるようになると、胸郭が広がり、下がっていた内臓が肋骨内にきちんと収まるようになります。

そして、下垂していた内臓のせいでぽっこりしていた下腹が引っ込み、胸郭が広がるので、バストも大きく見えるようになるわけです。

まずは猫背解消呼吸法 まずは猫背解消呼吸法
  • 猫背解消☆胸式呼吸法
  • アンダーバスト・ウエスト・下腹は引き締めたまま、息を鎖骨・胸の上の方(肩甲骨周辺も)に呼吸を入れて広げます。
  • 肩を上げないようにリラックスします。
  • 上の方の胸を広げゆるめることで、肩を楽にし猫背解消・姿勢改善をする胸式呼吸法です。

動画を再生できない場合、ブラウザのバージョンをアップグレードしてください。動画が読み込まれない場合は、リロードかキャッシュクリアをしてください。IEの方は「Google chrome frame」も お試しください。

【エクササイズ実施の注意事項】
・エクササイズの最中、身体に痛みや異変を感じたらすぐに休みましょう。
・妊娠中や生理痛がひどい方は医師に相談してから行ってください。
・自己責任の元、ケガや故障のないよう十分に注意して行ってください。
・記事の内容は効果・効用を保証するものではありません。
・事故やケガ等については、ママの知恵袋は一切の責任を負いかねます。

超簡単な、背筋の鍛え方!

筋トレが苦手な人でも、姿勢よく座るだけで背筋を鍛えることができます。

椅子の背もたれに、もたれかからず、背中を伸ばして座るクセをつけるだけ。

しばらくすると、首から肩甲骨に近い場所の筋肉と、腰周りの筋肉が、緊張して疲れてくるのがわかるハズです。

1日中はしんどくて大変だから、気がついた時に行うだけでも、筋力アップしていきます。

胸を軽く張れるサポーター(肩バランスアンダー)や、骨盤を直立・安定させて、腰が入った姿勢にしてくれる(腰バランスアップタイツ)などを利用すれば、上半身(肩甲骨)と下半身(骨盤)両方から、楽に姿勢の改善をサポートしてくれます。

参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link