手荒れ対策!のはずが、ゴム手袋で手あれしてしまいました…


手荒れ予防の為なのに・・・

ゴム手袋  手荒れ

手荒れ予防の基本は、「水仕事の時にはゴム手袋」ですよね。

特に、洗剤を使う時は要注意。ほとんど合成界面活性剤が含まれているので、皮脂膜を取ってしまい手を荒してしまいます。

炊事や水回りのお掃除など、水にふれるときは、必ずゴム手袋で手をガードしておきましょう。

ただ、このゴム手袋には落とし穴が…

ゴム手袋はラテックス・アレルギーに注意! ゴム手袋はラテックス・アレルギーに注意!

手荒れを防ぐ為に使うゴム手袋によって、かぶれを起こすことがあります。

原料である天然ゴムの成分が、アレルギー反応を引き起こして、かぶれやかゆみを発症することがあるんです。

それが、ラテックスアレルギー!

また、ゴム手袋の中についている白い粉も原因の一つ。

ゴム手袋をつけるとき装着しやすいように、付いているものなんですが…

当初手のひらだけだった手荒れが、全体に広がる可能性があります。

そのゴム手袋、使う前に洗っていますか? そのゴム手袋、使う前に洗っていますか?

使う前に、一度内側を水できれいに洗っておきましょう。

洗うときには、手袋を裏返しにして、風船を膨らます要領で空気を吹き込めば、指がぴょこんと出て、簡単に裏返ります。

ラテックスアレルギー

そして、100均などで売っている、使い捨てのポリエチレン手袋をはめ、その上にゴム手袋をはめます。

ポリエチレン手袋をつける前に、トリートメントクリームを塗っておくと、水仕事しながらハンドトリートメントができて一石二鳥 ♪

綿製の手袋でもいいのですが、キツクなって指を動かしにくくなります。

綿の手袋をはめる場合、ゴム手袋は、いつもより少し大きめのものを選びましょう。

こんなこともむくみの原因に…
水分や塩分を摂りすぎると、むくみの原因になるのは一般的ですが、意外なものがむくみを引き起こすことがあります。

体を締め付けるような服を着ることで、全身の血行が悪くなり、結果としてむくみを生じている場合もあります。

むくみが気になるときは、締め付ける服は避けた方がいいかもしれません。

参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link