魚の目やタコのできやすい人は、まず足の裏をチェック!


先の細いハイヒールが原因!?

魚の目 ハイヒール

足の指の間や、足の裏の決まったところの角質が盛り上がってかたくなっていませんか?

女性の足のトラブルで多いのが、タコとうおの目。見た目が悪いだけでなく、痛い!!

そのまま我慢し続けていると、痛みをカバーしようとして、歩き方や姿勢にまで影響が出てきます。

姿勢が悪くなることで、体の様々な不調も出てきます。そうなる前の、早めのケアが大切です。

ヒールを履くの人の多くが、うおのめや、たこになりやすい。 ヒールを履くの人の多くが、うおのめや、たこになりやすい。

親指が小指側に曲がってくるのが、外反母趾。

その外反母趾を招く元凶が、先の細いハイヒール。

ヒールが高く、小さめの靴をはいている人は、足を常に締め付け続けています。

すると、足のアーチが崩れて、足の裏の圧力がかかる部位が変わり、常に同じところに刺激が加わリはじめます。

指や足の裏が圧迫されて、うおのめ や たこ ができるのです。

魚の目・たこのできているところには、過度な圧力や衝撃が「継続的に…」かかっています。

魚の目・タコは、足が悲鳴を上げているSOSのサインというわけです。

うおのめや たこの痛みで悩んでいる人は、治療と同時に、足に負担の少ないように、インソールなどで調整してあげる必要があります。

靴を上手にあわせると、驚くほど魚の目・タコがほとんど出なくなります。

また、足裏を矯正することで、崩れた歩行バランスが原因で生じていた、さまざまな痛みや不調が改善されます。

長い間悩まされてきた腰痛、足とは全く関係のなさそうな冷え性、生理不順が改善したというケースもあります。

魚の目やタコのできやすい人は、足の裏をチェックしてみましょう。 魚の目やタコのできやすい人は、足の裏をチェックしてみましょう。

足裏アーチ

何度取り除いても、魚の目やタコのできやすい足があります。

それが、開張足(かいちょうそく)です。

魚の目やタコを、一度取り除いても、自分の足に合わない靴をはき続けていると、必ず再発します。


魚の目やタコの予防の基本は、まず靴選び!!

それは、合わない靴を引き続けていると、開張足が改善されないから。

親指のつけ根と小指のつけ根あたりに、ふっくらとした部分があり、かかとも盛り上がっています。

この3点をむすぶラインを描くと、それぞれのラインの中央部分が、少しアーチ状にへこんでいるのが、理想的な足裏の形です。

開張足

このアーチが、ばねになって、体重や歩行の衝撃を支えているんです。

開張足は、親指と小指のつけ根をむすぶラインの中央に、くぼみがなくなりベタッとした足のこと。

中央(第2指から第3指のつけ根付近)が盛り上がっているため、横ラインの中央部が靴底の圧迫を受けつづけ、その部分に魚の目やタコができやすくなるというわけ。

開張足かどうかは、靴の内底や中敷(インソール)を確認してもわかりますよ。

第2指と第3指のつけ根のあたる部分が、汚れていたり、すりへっていれば、そこに一番力が加わっていることになるからです。

望ましい靴選びのポイント! 望ましい靴選びのポイント!

魚の目やタコになりにくい、ピッタリの靴と出会うためのポイントは、以下のようなものがあげられます。

  • 5cm以下のなるべく低めのヒールを選ぶ
  • つま先にゆとりがあり、靴の中で足の指が動くもの
  • 内部素材が、滑りにくいもの
  • 足首にストラップがついているもの
  • 土踏まずのラインが足に合っているもの
  • 靴選びは、足が大きくなっている午後が理想
  • 試し履きは、必ず両足でしましょう。
  • シューフィッターのいるお店で、アドバイスをもらう。
靴は、なるべく午後に購入すること!

人間の足は、朝と夕方では、0.5~1.0cmくらい、大きさに差があると言われているんですよ。

それは、歩き回った午後になると、体重がかかることでアーチ部がたるみ、広がってしまうから。

あと、ずっと立っていることで、血液が足へと下りてきて、うっ血してしまうからなんです。

だから、ピッタリ合った靴を購入する時間は、足が大きくなった午後が最適なんです。

参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link