かかとのひび割れ。こんな人が、かかとガチガチに!


足をきれいに洗ってるのに…

かかとのひび割れ


かかとが ガサガサになると、ストッキングが引っかかるし、足のかゆみも起こります。

また、夏の間はサンダルで過ごすことも多いので、素足になるのがちょっと恥ずかしいことも!

人の目にとまりやすい顔や手は、念入りにケアするのに…かかと のケアはされていますか?

今回は、ガチガチかかとの傾向と対策について…

「毎日足を、きれいに洗ってるのに...なんで?」 「毎日足を、きれいに洗ってるのに…なんで?」

水分がなくなって 柔らかさを失った かかとに、大きな力が加わることで、かかとはどんどん厚くなります。

さらに、乾燥が加わることで、分厚くなった かかとのひび割れがはじまります。

なんで、かかとは固くなるの? かかとガチガチになりやすい人!

肌の再生力がさがっている人 肌の再生力がさがっている人
加齢とともに、皮膚の再生能力が衰え、角質がはがれ落ちる機能が低下します。そのため、古くなった角質が、いつまでもはがれず 厚く蓄積され、かかとのガサつきが起こります。
疲れやストレスが多い人 疲れやストレスが多い人
疲れやストレスは、体調のリズムを整える ホルモンバランスをくずします。そのため、ターンオーバー(肌の新陳代謝)や バリア機能が低下し、かかとが分厚くなる『角質肥厚』が 起こります。
お肌が乾燥しがちな人 お肌が乾燥しがちな人
体内から浸透してくる水分が、外側の角質まで充分に行き届かないと、表面が乾燥した状態となって、どんどん角質が肥厚していきます。
立ち仕事の多い人 立ち仕事の多い人
いつも、立っていたり、よく移動する仕事の場合、足裏にいつも体重がかかる負担が増えます。

歩くときに足にかかる重さは、体重の1.2倍になるそうで、50kgの人なら、一歩ごとに60kgの重さが、いつも片足にかかっていることになります。

また、ツボ刺激が健康にいいと、健康サンダルをご愛用の人も注意!かかとは、意外とデリケート。健康にいいデコボコも、かかとには刺激が強すぎます。

いつも素足でいる人 いつも素足でいる人
素足でフローリングの上を歩いていると、床に皮脂がとられ乾燥が進みます。
ガチガチかかとを防ぐ習慣! ガチガチかかとを防ぐ習慣!
「加齢」「血流不足」「乾燥」などの原因によって、ターンオーバー異常になり、古い角層がはがれにくくなり、硬い ぶ厚いかかとになってしまいます。

30を過ぎたらフットケアも、お顔やデコルテと同じように、毎日の習慣が必要です♪

角質層を薄くする。 角質層を薄くする。
角質を薄くすることで、体内から浸透してくる水分が、外側の角質まで充分に行き届くようになります。

月一度のピーリングで、かかとに余分な角質がたまらないように、定期的にお手入れしておきましょう。

かかとへの刺激を少なくする。 かかとへの刺激を少なくする。
素足でフローリングの上を、ぺたぺた歩いていると、乾燥が進み、床からの直接刺激で皮膚が固くなりやすくなります。室内でも、靴下を着用して過ごしましょう。

また、健康サンダルを愛用している場合は、構造上 接点が少ないため、足裏にダイレクトに刺激が伝わります。一度使用をやめて、様子を見てみましょう。

皮膚を柔らかくする。 皮膚を柔らかくする。
保湿クリームを塗る習慣をつけ、皮膚をしっとりさせて、伸縮しやすい状態にしておきます。

夜間などは、保湿クリームを塗った上に、かかとケア用の靴下を履くなどして、かかとをいつも柔らかい状態に整えておきましょう。

病気なら治療する。 病気なら治療する。
上記をちゃんとやってるのに効果がでないなら、水虫の可能性もありますので、皮膚科にかかってみてください。
ハチミツでダイエット!
ハチミツはすぐにエネルギーに転換されるので、脂肪として体内に蓄えられることが少ないんです。

ダイエット中でも「コーヒーや紅茶も甘いほうがいい」という人は、砂糖の代わりにハチミツをつかってみましょう。

参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link