首イボはうつる?首や顔の、気になるイボの対策は?


首に小さなブツブツ(いぼ?)が!

首イボ 直す


ここ数年、急に小さなブツブツ(いぼ?)が、首にたくさん出来て悩んでます。

ひっぱれば取れそうなやつもあるし…気になってしかたありません。

一体このいぼは何者なのでしょう。もしかしてうつる病気なのでしょうか?

自分でとれる方法はあるのでしょうか…?

40歳前後から多いお悩み。首や脇の下などにできるイボ。 40歳前後から多いお悩み。首や脇の下などにできるイボ。

30代後半あたりから、首や脇の下などにできるイボで、直径2~5mm 程度。

皮膚との付着部が細くなっているのものや、糸状、袋状、柱状、扁平隆起性など形は様々…。

色は皮膚と同じ色だったり、茶褐色や黒褐色のものもあります。

一般的に、『いぼ』 と呼ばれるものには、ウイルス感染による感染性のものと、非感染性のものが…。

首にたくさんできる イボは、非感染性で【アクロコルドン】や【スキンタッグ】と呼ばれるものだから、うつることはありません。

糸疣「いといぼ」とも呼ばれていて、見た目や大きさで区別されているんです。

首イボは、老化のはじまり。 首イボは、老化のはじまり。

このイボは、加齢(老化)に伴ってできるもので、悪性ではなく、感染もしません。

ただ、原因はまだはっきりわかっていないみたいで、皮脂腺が発達したり、皮膚が薄くてシワになりやすい、首や脇の下に最もできやすいそう。

「こすれたりするなど、何らかの刺激で、皮膚の外に飛び出してくるのではないか?」と、考えられているようです。

出来ない人には、歳をとってもまったくできません。

アクロコルドンは遺伝傾向があり、家族(特に両親など)に同様の症状があれば、「これからもっと増える」と考えておいた方がいいみたいです。

また、ぽっちゃり体型の人は、やせ形の人よりも、よりできやすい傾向があるそうです。

予防法としては、イボができて、気になるからとか、かゆいからといって、いつも触ったり刺激を与えないことが大切!

あと、お気に入りの洋服が、首回りに刺激を与えていないか考えてみましょう。

刺激によって、イボが大きくなったり、数が増えたりする原因になります。

アクロコルドン対策
首イボ 美容液

★ヴェルク100イポロン

◆ いぼケア専用美容液
フランス発!老人性ユウゼイ、首イボ対策専用美容液。

  1. バチルス発酵液は、数ある「人工皮膚様成分」の中で1番評価が高い!
  2. 濃縮成分ヨクイニンエキスのダブル効果で、気になる「ポツポツ」を集中的にケア。
  3. 敏感肌の人は、パッチテスト・希釈の必要あり!
首イボ ケア

★ポロリンボ

◆ イボ(角質粒)のケア専用ジェル
各種配合成分が、目元や首元にできやすい、イボ状の突起物「角質粒」に働きかける。

  1. ヨクイニン×杏仁オイルで角質粒をケア。
  2. ヒアルロン酸で肌を整える。
  3. イボの除去にいい、ハトムギエキス×杏仁オイル×ヒアルロン酸という理想的な配合。
首イボ 漢方

★ヨクイニンタブレット

≪イボ取りやニキビなどに効果的な生薬≫

「皮膚のあれ」や、角質が増殖して起こる「いぼ」に効果があります。

  1. 昔から皮膚治療に用いられてきた生薬“ヨクイニン”の抽出エキス製剤。
  2. 即効性は期待できないけど、継続すれば効果大。
  3. 粒が小粒なので飲みやすい。
  4. イボだけでなく、美白・美肌・便秘にもいいところがうれしい♪
首イボ ゴマージュ

★ロゼット ゴマージュ

≪定期的な角質ケア用ゴマージュ≫

フルーツ酸のはたらきで、くすみ(古い角質)をポロポロ落とすマッサージジェル。

  1. 顔や首の、落としきれない硬い角質やザラつきを取り除き、角質をたまりにくく。
  2. ボロボロと角質が恥ずかしいくらいとれます。
  3. 頑固なヒジ・ヒザの黒ずみも薄く。
  4. とにかく価格がお手ごろなので長く続けられそうです♪

「ピーリング」と「ゴマージュ」の違い。

「ピーリング」と「ゴマージュ」は、よく混同されて使われます。

角質層をケアするという意味ではどちらも同じですが、施術法に違いがあります。

薬剤を使って、ケミカル(化学的)に角質層を剥離するのがピーリングです。

反対に、天然由来のもの(植物・ハーブなど)を使って、ゆっくりやさしく汚れを取り除くのがゴマージュです。

参考記事ウェブサイトはこちら
Sponsored Link